貧乏大学生が見つけた海外旅行をできるだけ安く抑えるコツ(航空券〜現地の移動まで)

海外旅行好きなら誰でも「もっと安く海外行けないかな!」と考えたことがあると思います。

今回はそんな疑問を解決すべく、僕が大学4年間で得た「激安海外旅行術」を紹介していきたいと思います。

【その1】最安の航空券をゲットすべし

海外旅行でもっとも費用がかかるのは間違いなく航空券でしょう。逆に言えば、航空券の費用を抑えることができれば、もっと安く海外に行けるのです。そして、航空券を安く買うコツは、実はたくさんあるのです。

1.どうやって航空券を探すのが一番安いの?

「行き先 航空券」と検索して出てきたサイトで航空券を探すのが一般的?かと思いますが、僕のおすすめはスカイスキャナーというアプリです。このアプリでは複数の主要な航空券予約サイトから最安値を表示してくれるほか、指定した月で一番安い航空券のある日にちを表示してくれたりととても便利なアプリです。LCCも含まれているので一番安い航空券を探すのに最適ですよ!

2.旅行する時期を考える

安い航空券をとるには旅行する時期も考えなければいけません。連休や長期休みはもちろん、旅行先のイベントや長期休み、人気度なども影響してきます。そのため、スカイスキャナーを使ったり、自分なりにリサーチをして一番安い時期を見つけておくといいですね。大学生であれば授業期間中や平日に旅行するとトンデモなく安い航空券が手に入ったりしちゃいます!

3.予約する時期を考える

僕のこれまでの経験から言うと、LCCは2~3カ月前に予約するのが一番安いです。ただ、一般的には1か月半前が一番安いとされているようです。この辺もやはり、いつどこに旅行するのかによっても影響されるので、3カ月前くらいから定期的に値段の推移を確認しておくといいと思います。それ以外にも航空会社が開催しているセールをチェックしておくと激安の航空券が手に入ります。セール情報を監視する方法でおすすめなのは「カメリオ」というアプリを使う方法です。このアプリ上で「格安航空券」と登録しておくと、情報サイトで「格安航空券」のニュースをまとめて表示してくれます!

曜日によっても値段が左右されるのが航空券。金曜の夜から土日にかけては高くなり、月曜から下がり始め水木あたりが一番安いとか。時間によっても変わるようで、午前中よりも午後の時間帯のほうが安くなる傾向があるようです。

4.ちょっとした裏技も

検索する言語によっても値段が変わることがあります。例えばスカイスキャナーでは使用言語を変えたり、国籍を変更したりすると価格が安く表示されたりする裏技があります(なぜだか理由はわかりません笑)。ただ、もしかすると、そのサイトがユーザーの使用言語に対応していないと表示されないようになっているのかもしれません。ということで、英語やその他の言語で予約手続きをできるのであればその国に設定を変更してみて値段を確認してみるといいかもしれませんね!

5.気を付けること

現代のテクノロジーは恐ろしいです。サイトを開いたりするとクッキーというものを付けられ、そのサイトを以前訪れたことがわかってしまうのです。何度も検索していることがばれると値段を吊り上げられてしまうことがあるようです。そのため定期的にクッキーを削除することをおすすめします。削除の方法は検索すればたくさん出てきますが、Googleの履歴削除の部分でクッキーを削除というのを選択できます。

【その2】最安の宿をゲットすべし

一人旅なんかをしていると、宿代だけでとんでもない金額になってしまうこともありますよね。

もちろん格安のロッジなどに泊まるのもありですが、なんせ設備が最低限しかないので不便…。というか、シャワーがなかったり、衛生面で問題があったりとなんか不安。そんなあなたの悩みを全て解決できる方法があります。

1.格安で現地の文化体験までできるAirbnb

Airbnbはもともとホストファミリーみたいなもので、部屋に空きのある人がその部屋をゲストに有料で貸し出しているものです。しかし、近年ではその人気からビジネスとして活用する人が多くなり、サービスもホテルと遜色ありません。ホストによっては空港や近くのバス停まで車で迎えに来てくれたり、休みの日に観光地を案内してくれたり、今でも連絡をとり続けているようなホストの方もいます。

Airbnbのサイトは日本語に対応していますし、世界中に普及しているので幅広い選択肢から自分の好きなホストを選べます。レビュー機能があったり、予約する前にチャットをして相談ができたり、あらかじめ施設の写真があったり、設備(シャワーがあるかなど)も表示されるようになっているので安心です。

2.カウチサーフィン

ヨーロッパではAirbnbよりもカウチサーフィンの方が主流なようです。システムは非常にAirbnbと似ていますが、唯一の違いといえば宿泊が無料である点です。こちらもAirbnbのようにレビュー機能やチャットなどもできます。また、独自の信頼度機能があって、個人情報や6600円のFeeを払っているかなどにより「その人がどれくらい信頼できるのか」が表示されます。そのため、安心して宿泊できます。

ただし、無料であることからもわかるように、家事を手伝ったり、ホストと話をしたりするのが前提です。ただ泊まるところが欲しいだけだったり、コミュニケーションが苦手という場合は避けた方がいいかもしれません。

【その3】最安の交通手段をゲットすべし

旅行中の交通費はバカになりません。なにせ日本ほど鉄道が発展している国はなかなかないため、大抵の場合はタクシーが必要だったりします。しかし、その辺に停まってるタクシーでは旅行者プライスでかなり高めの料金が請求されてしまうのです…。そこでオススメしたいのがライドシェアです!

1.地域ごとに主流のライドシェアサービスは違う
アメリカに行くなら「Uber

アメリカでの主流はUberです。ただし、州などによってはUberが少なかったり、田舎だとUberがサービスを展開していないケースがあるのであらかじめ調べてから行きましょう。

東南アジアなら「Grab

数年前まではUberと市場を争っていたのですが、Uberがアメリカ市場に専念し東南アジア市場を手放したため、Grabタクシーが主流になっています。

インドネシアは「Gojek

ただし、インドネシアではGojekというサービスが主流です。理由としては、まだUberやGrabが本格的にバイクのシェアサービスに乗り出す前からインドネシアの主要な交通機関であるバイクに取り組んでいたからではないでしょうか。

グアムに行くなら「ストロール

グアムにはストロームが主流だそうです。グアムにしかサービスを展開していないため、あまり聞く機会が少ないので注意が必要です。

 

2.価格がものすごく安い!

Uber、Grab、Gojek、Strollなどのライドシェアサービスは目的地を入力すると、目的地までの金額を乗る前に自動で見積もってくれます。そして、配車を依頼した時点でその価格で確定されるので、ぼったくられる心配もありません。

3.言葉がわからなくても大丈夫

現地の言葉が話せなくても、タクシーを呼ぶ際に登録した目的地がドライバーの画面にも表示されているので、うまく会話ができなくても目的地まで連れていってくれます。英語は話せても、この地名なんて読むかわからんなんてこともあるので…。笑

4.使い方も簡単

アプリ内で目的地を選択し、あとは自動的にアプリが最も近くにいるドライバーとマッチアップしてくれます。一度ドライバーが決まれば、アプリ内の地図でドライバーの位置を教えてくれるので、あとどのくらいで自分のもとに来るのか、自分があとどのくらいで目的地に着くのかも確認できます。海外ではどこに連れていかれるかわからないので、寝てもいられませんでしたが、これなら安心です。

5.普通のタクシーよりも安全

シェアライドサービスには利用者の評価システムがあり、評価が低いドライバーは働けなくなってしまいます。そのため安全性はもちろん、車もきれいに保たれているので快適です。

6.絶対に押さえておきたい注意点

注意点として、Uberの登録時に電話番号を通してコードが送られてくるので、日本にいる間に登録することが必要です。(ご存知の方も多くいると思いますが日本を出ると日本の電話番号は現地の電波につなげなければ、たとえWi-Fiがつながっていても機能しません。)

ちなみにシェアライドサービスはあまりにもお得で便利なので、観光客だけでなく現地の方でもタクシーより頻繁に利用しています。シェアライドを使って安くて、安全で、快適に移動して、観光を楽しみましょう。

【おまけ】その国の文化を学んでおくべし

1.値引き文化

日本ではなかなかありませんが、海外ではあらかじめ高い値段を設定しておいて、値引き交渉によって値段を決めるのが当たり前な国もあります。あらかじめ、値引き交渉ができる国なのかは押さえておくといいと思います。また、周りの人をよく観察してみるのもいいかもしれませんね!

2.現地の言葉を話すと喜ばれる

挨拶と自己紹介ぐらいでもいいので現地の言葉を覚えて行くととても喜ばれます。値引き交渉の時をはじめ、急におまけでご飯を出してもらえたり、安くしてくれたりします。また、ぼったくりに対しても、「俺はお前が話してることわかるからな!」と牽制することに繋がることもあります。

3.観光地とローカル

特に東南アジアをはじめとした発展途上国では、一部を無理矢理に観光地化させて高級なお店などを集めたりしているケースが多くあります。そのため、観光地エリアを飛び出して、現地の人が生活しているエリアまで足を伸ばせば、断然安上がりで済みます。ただし、どのエリアは危険なのかなどをあらかじめ知っておく必要もあったりするので、そういった意味でも現地の人の家に泊まれるAirbnbなどはメリットがあります。もしそうでなくても、ホテルの受付などで安全でオススメな場所を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

4.世界中に友達をつくる

旅行先で偶然出会った人や日本で迷っているところを助けてあげた外国人旅行者など、いつどこにいても出会いはあります。世界中に友達を作れば、インターネットで検索しても出てこないような情報や素敵な景色に出会うことができます。礼儀正しい日本人は、特に大人しすぎて向こうも一歩引いてしまうことがあるようです。しかし、そんな日本人のことを嫌いだという人にはあった事がないので、笑顔で勇気を出して話しかけてみると世界が広がるかもしれませんね!

まとめ

今回は僕が大学を通して得た、海外旅行を安く済ませるコツを紹介しました。これらの情報はほとんど全ての国に当てはまるはずです。しかし、国ごとに見て行くと、それぞれの国でさらなる裏技が山ほどあるので、別々に紹介しています。既に旅行する国が決まっている方は、カテゴリーの中から該当する国を選んで見てください!この記事がみなさんのお役に少しでもたっていたら嬉しいです。


Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください