ロシアの観光ビザ取得をかんたん解説!

場所によっては日本から意外に近いロシア。

しかし、ふらっと寄ってみようかなと考えている方は注意が必要です。
なぜなら、ロシアに入国するにはビザが必要だからです!

ビザの取得が必要な人とは

基本的には全員と考えていいと思います。
目的が留学であれ、旅行であれ、空港をでる人は必ずビザが必要だと考えていいと思います。

しかし、トランジット(乗換)の場合には例外を除いてほとんどの場合はビザが必要ないです。例外というのは、東京ーベラルーシをモスクワ経由で飛ぶ際などだそうで、ご自身のフライトが例外に該当するかどうかは確認しておくことをオススメします。

ビザの取得方法

取得の方法は主に3つです。

1. 旅行会社に申請してもらう

旅行代理店のツアーに申し込むと、同時にビザの申請まで行ってくれる場合もあるようです。ただし、本人のサインが必要な書類もあるので、予約をした際などに一度確認しておくことをオススメします。

2.業者にお願いする

ビザの申請は用意すべき書類が多く面倒なので、お仕事などで忙しい方にとって申請がとても大変です。そんな方にオススメなのがビザの代理業者にお願いすることです。書類の準備などは全て業者が行ってくれるのでかなり楽になります。

3.自分で申請する代理店や業者にお願いせずに自分で直接大使館と連携してビザを発行することもできます。少し手間がかかりますが、他の二つと比べて格安なので時間がある方は是非自分で申請してみると節約になります。

必要なもの

パスポート

パスポートは期限まで6ヶ月以上あることを確かめましょう。

バウチャー

宿泊予定のホテルがバウチャーを発行してくれる場合には問題ないのですが、まだホテルを決めていない方や、ホテルがバウチャーを発行していない場合には以下のウェブサイトから取得することをお勧めします。

http://www.travelrussia.su/en/visa.tourist.php

査証申請書

ロシア大使館のウェブサイトからダウンロードし、プリントアウトして必要事項を記入したものに証明写真を貼って大使館に持っていきます。

パスポートサイズの証明写真

申請の仕方

大使館の受付は平日の朝9:30〜12:30ですが、混雑期にはギリギリに行くと列が長くて受付してもらえない可能性があります。僕も7月下旬に11時半くらいに行ってギリギリでした。ビザの発給は受取が11日後以降なら無料なので、早めの申請を心がけましょう。