那須に男3人で出かけたら笑いが止まらなかった

「俺、大草原に行きたいんだよ」という友達の言葉から始まった今回の企画。
GWということで、就活なんかやってないで那須に旅行に行ってきました。

那須にした理由はジップラインがあるから。ただそれだけ。
何のリサーチもせずに、宿だけ取るのが僕ら3人のスタイルなので早速当日。


我らが聖地、高田馬場駅に集合する

 

東京から那須までは休憩を入れても2時間半くらいでいけるので、日帰りでも行けそうである。


車の中では後部座席の人が音楽担当だ

さて、そんな僕らが最初に向かったのが、唯一のプランとも言えるジップライン だ。
ジップラインとは何かと言うと、ワイヤーで吊るされて、シューーーーってやるやつだ。下の画像を見れば3割くらいわかるはず。

何はともあれ、ジップラインはりんどう湖LAKE VIEWにある。
ちなみに入場料は1600円で、ジップラインに乗るにはさらに1000円が必要だ。


向こう側の木のとこから滑って湖を飛び越える!

1000円とはいえ、往復なので2回できるし、何より景色が綺麗で払う価値あり!
子供たちに混ざりながらアイスを食べたりしてなんだかんだで夕方に。


人生辛い時も楽しい時もあるの図

しかし、そこで1日は終わらない。

次に向かったのが「那須高原」とGoogleマップに書いてある場所だ。
そこに大草原があると信じて。


途中で殺生石という観光地をたまたま通りかかったので寄ってみると、意外とすごい。硫黄の匂いが。

途中にたまたま通った殺生石という場所。
昔の親不孝なお偉いさんが、噴火?に巻き込まれて亡くなったんだとか。
この銅像さんたちはそれを供養するものらしい。

日も暮れてきたが、最終目的は大草原であるので、まだまだ進む。


山道を真っ暗な中進み続けたが何もなかった。

人生はそんなに甘くない。
真っ暗でこの先に僕らが求める景色があるのかすらわからなかった。

ちなみに、那須の観光地を回るなら、ある程度山道は覚悟した方がいい。
そして道幅はやや狭いから、ちょっと怖い笑

夜は9時くらいには大体の店が閉まり、まさかのセブンイレブンで夕飯を済まし、わけのわからぬ話をして、酒を買い足し、3時前には寝る。

サークルでみんなで飲み会をするようなキラキラした人たちみたいになりたい。


宿泊したのはぽんぽこの宿というところ。
面白いおっちゃんと、優しい女性の方が運営していて、朝ごはんもつくのに3400円。しかも結構綺麗。


朝ごはんが8時-9時だったので寝不足である

2日目は、初日の反省を生かして、ちゃんとリサーチをした上で観光する予定だったのだが、だらしのない男子大学生3人には到底そんなことはできない。

テキトーに調べてじゃんけんで決めた沼ッ原湿地という場所へ!

しかし、人生はそう甘くはないと前日の夜に思い知らされていたはずだ。
1時間近い、狭い狭いクネクネ道を行くことに。


意外といい!綺麗だった

何とかたどり着いた先はなかなかの絶景だった!
ただし、熊に注意の看板があったので、鈴を持って行くことをオススメします。

次はついに念願の大草原へ

ただし、どこに大草原があるのか全然わからないし、そもそも大草原に行きたい人なんていないんだから検索してもだないのである。

ということで、共同利用模範牧場という場所へ。


綺麗っちゃ綺麗だし、まさに大草原不可避である。

ここは、正直そんなにオススメしない。
だってこの景色くらいしか見るところないから。笑

こうして僕らは、
この画像に「WWWWW」と書いてインスタに投稿し、当初の目的を果たした。

その代わりと言ってはなんだが、オススメしたのが滝のある釣り堀という場所。
大量の魚がいて、釣り初心者の僕らでもたった10分程度で二匹ずつ釣り上げました。

釣った魚は返せないので買取る必要があって、一匹で400円くらい。焼いてもらうにはさらに200円だからちょっと高いのだけど、お昼ご飯として食べるならそんなに高くない!


釣れると楽しいもんです。餌代も200円なので、結局一人で1500円くらいしかかかってません!

そんなこんなで5時半ごろに那須を出発し約3時間くらいかけて帰ってきました!

またどうせ明日から大学の近くのカフェで顔を合わせることになるのだけど、
旅行のあとは何となく寂しい気分になるものですね。

次の3人での旅行は、全員が就活終わってからかな。


Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください