アメリカ西海岸縦断 | 留学中の冬休み!

あっという間に時間は過ぎて、冬休みから一週間がたってしまいました。

「アメリカ人の友達とできるだけ時間を過ごす」ことが冬休みの最優先事項だったので、あまりほかの留学生のように観光地を回りまくることはできませんでしたが、アメリカ文化を体験するには滅多にない貴重な経験でした。

今回旅行したルート

ユージーン(オレゴン大学)→カナダ(バンクーバー)→キューズベイ→ロサンゼルス→サクラメント

12月10日ー12月15日 Vancouver

オレゴンからの交通手段:アムトラック(アメリカ西海岸を縦に結ぶ電車)(12時間以上)
寮の友達と行ったバンクーバーは何かと試練の連続でしたが、旅をするうえで改めて準備は必要なんだなと感じた旅行でした。(詳しくはこちら)

12月15日ー20日 Coos Bay

カナダからの交通手段:アムトラック(10時間)+友達のおじさんのお迎え(2時間)
その後キューズベイという田舎町の友達の家で数日間過ごしました。そこでの歓迎のされ方は本当に驚きました。いろいろなところに連れて行ってくれるし、クリスマスプレゼントまでもらい、家族のように話しかけてくれ、しまいには来てくれてありがとうとまで言ってくれました。キューズベイでは、小学校のクリスマスパーティーを手伝ったり、中心地まで散歩してみたり、ゆったり過ごしていました。しかし、キューズベイのアーバンディキショナリーは恐ろしいことばかり書いてあるのですよ…(キューズベイでの生活の詳しくはこちら)

12月21日ー1月2日 Los Angels

キューズベイからの交通手段:友達の車(2時間)+飛行機(2時間)
そして、メインのロサンゼルス。オレゴンという田舎で数ヵ月過ごしてきた僕は、飛行機で到着する際、本当に上京してきた日本の友達を思い出しました笑
ロサンゼルスでは二人の友達の家に泊めてもらったり、日本から来た友達と過ごしたりしていました。そしてここでも、温かい家族に迎え入れてもらえました。アメリカ文化といってもいいのではないでしょうか。ここまで居候に対しても優しくできるのかと、自分の心の狭さを痛感させられます。ロサンゼルスでは年越しのカウントダウンをみたり、アメリカンカルチャーを満喫しました。ロサンゼルスはやらなきゃそんなことがいっぱいです。

1月2日ー1月6日 Sacramento

ロサンゼルスからの交通手段:グレイハウンド(都市と都市を結ぶバス)(8時間)
最後はサクラメント。友達の家は豪邸。大理石の乱用。高級車の行列。でかい庭に住む犬と猫はどこか僕のことを見下しているようでした。笑 アメリカはどの家も犬か猫がいるような気がします。誰かの家に行くときの一つの楽しみでもあります。どこか開けた感じのあったサクラメントでは、サイクリングが来るまできれいな景色を見に行ったりと最後のリフレッシュにぴったりの時間でした。英語はというと少しうまくなったようなそうでもないような…笑 やはり、家族同士の会話にはなかなか入っていけなくて、ぼ―ッとしていたり、なかなか聞き取りにくい話し方の人の英語があまりわからず、てきとうにうなずいていたりすることも少なくなかった冬休みでした。

終わりに

ただ一つ言えることは、冬休みのほとんどをアメリカ人の友達や家族と過ごしたんだということ自体が非常に自信につながり、その自信は、今までためらっていた場面で、勇気を出して英語を話してみることにつながっています。

使ったお金は15万から20万くらいでしょうか。これでもだいぶ節約できたほうだと思っています。交通機関もできる限り安い方法を選んだので参考にしてみてください。

成人式にはいけなかったけど、総じて満足な一か月でした。
何事も挑戦ですね!


Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください