ジョグジャカルタ | 世界遺産2連発!

約1ヶ月に渡ってマレーシアのコタキナバルという場所でボランティアをしていた僕は、その中のメンバーの一人と日本からはるばる来てくれた友達ひとりを加えて3人で大旅行を決行!

ハプニング続きの東南アジア旅行もシンガポールで一旦ひと段落。先進国の安心感と圧倒的な都会の親しみで心も体もリラックスした状態で、いざインドネシアへと乗り込む。


ジョグジャカルタの基本情報

世界遺産が2つもあって受験の時に世界史専攻だった僕らにとっては大興奮の観光地!

  • 所要時間:ジャカルタから約1時間20分
  • 通貨:ルピア(1000ルピア=7円程度)
  • 物価:かなり安い。
  • 治安:普通
  • 交通機関:車、バイク、自転車?
  • 言語:インドネシア語、英語

今回のルート

クアラルンプールマラッカシンガポール→ジョグジャカルタ(今ココ)→ジャカルタ


謎のおっちゃんに遭遇(1日目)

インドネシアに到着してとりあえず宿へ!しかし、これまためちゃめちゃ入り組んでるとこにあって、運転手もやや迷う笑


めちゃインドネシアって感じの道にある笑

インドネシアを一言で表すと「夏」って感じ。日差しがえげつなく強いのと、カンカン照りの青空は小学生の頃を思い出させられる。

そんな暑さにも負けず、早速宿の自転車を借りて周辺を観光スタート!えげつない暑さにより、一人が熱中症でボロボロなのも構わず強行。

向かった先は「タマン・サリ」という宮殿跡。しかし…、お決まりの…

閉まってる…

3時に閉まる観光地ってなんやねん!と思っていたら、横でみていたおっちゃんが

観光しに来たの?中見たいならこっちから見れるよ

しかし、僕らはおっちゃんには散々な目にあっているので、もう着いていかないと決めている。…なんてわけはない。そう言われたら見たくなっちゃうじゃん。ということで着いていくと。


塀の上から見れた!侵入できてまうがな!


一応おっちゃんと記念撮影笑。

なんか詐欺られたら怖いし、マレーシアから来たって嘘ついてたのだけど、いいやつだったからなんか申し訳なくなった笑

そのあとは、ホテルでもらった地図をもとに適当に自転車でぶらぶら。高校に行って、なんとなく生徒たちを眺めたり、全力でチャリを漕いだり、バイクだらけの道をチャリで走って死にそうになったり。


チャリが盗まれないかが常に心配笑

夜には街にくりだしてみて、帰り道がわからなくなるという事件もあったり、

東南アジアといえばタピオカっしょ!


夜は怖い笑


翌朝は朝の3時に起床朝日を見にツアーに出かけた。ツアーは朝日を見れるだけでなく、世界遺産であるボロブドゥールとプランバナンを回ってくれるというもの。

しかし。

現実は厳しい。曇りまくった天気では、もはやいつの間にか日が昇っていた。笑


高台から下ってバスへと戻る僕ら。

真っ暗闇の中、こんな感じの道を登っていたのです笑


変なお土産のためのフィギアみたいなのを売りに来るおっちゃん。

結局耐えきれず友達は一体購入していた。

そのままボロブドゥールに移動して、入場前に朝ごはんの時間があって…

そしてそして、ついに来た!お待ちかねの世界遺産!

はい、どーーーーーーーーーーーん!!!!!!!

これ、伝わっているのだろうか。
まじででかい。鬼ごっこしたら楽しいだろうなー。

実はここにたどり着くまでに15分くらい入り口から歩かなければならないので、その時点で暑さで死にそうになる点は注意。笑

中もこんな感じでしっかりしていて歩き回ることもできる!

ちなみに入場料は2500円くらい。インドネシアの物価からしたらマジで高い。だいぶ東南アジアプライスに慣れてしまっていたため、めちゃめちゃ高くて詐欺かと思ったほどだ笑

続いて、プランバナン。こちらも金額は2500円程度。
ツアー料金に入場料が含まれていると考えていた僕らは払う金が足りない。笑

正直に伝えると、

シンガポールドルでいいよ

いいんかい!

ということで、相当金額を余っていたシンガポールドルで払いました。めでたしめでたし笑

そしてたどり着いたのが、ジョグジャカルタ2つ目の世界遺産!プランバナン!
この佇まい。めちゃめちゃかっこいい。

ちなみに、プランバナンも、入り口から歩き回らなきゃいけないのがきつい笑

けど、あたり一面にこういう感じの塔があって見ていて飽きない!

てな訳で、ツアーは最も暑くなる昼過ぎ頃には解散し、僕らは疲れ果てて睡眠。笑
やっと夜になって行動開始して、3人で過ごす最後の夜に、ワヤンを見ながら祝いのアルコールで締めくくりました。

次の日の昼頃にはジャカルタに飛び、二人とはお別れ!


マジで寂しかった笑

ここからは僕一人でジャカルタ巡り!一体どうなるのやら。

ローカルを感じまくったジャカルタ編へ続く。


Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください