クアラルンプール | むしろ都会すぎて残念だった?!

約1ヶ月に渡ってマレーシアのコタキナバルという場所でボランティアをしていた僕は、その中のメンバーの一人と日本からはるばる来てくれた友達ひとりを加えて3人で大旅行を決行!

今回のルート

クアラルンプール(今ココ)→マラッカ→シンガポール→ジョグジャカルタ→ジャカルタ


クアラルンプールの基本情報

クアラルンプールとはマレーシアの首都で、実はめちゃめちゃ経済成長を続けている大都市。東南アジアでも最も発展している都市の一つと言っても過言ではない!

  • 所要時間:7時間20分(直行便の場合)
  • 通貨:リンギット(1リンギット=30円程度)
  • 物価:かなり安い。日本の3分の1程度
  • 治安:普通(観光地周辺は比較的安全)
  • 交通機関:車、タクシー、電車、バス
  • 言語:マレー語、中国語、英語


2泊3日の弾丸ツアー(1日目)

先にクアラルンプール空港に着いた僕と友達は、日本から向かっている空港で待つことに。


代わる代わる寝るはずがずっと寝て起きない。

はい集合!ボランティア仲間で先にクアラルンプールに来ていた友達も来てくれた!

速攻で荷物をホテルに置いて、その足でマレーシア人の友達に連れて行ってもらったのがバトゥケーブ!

特徴:階段が長い。金のでかいやつがいる。


地獄の階段トレーニング。

左がマレーシア人の友達、真ん中がパリピ、右がデオキシス!?


登りきった先はなんか神聖的。

電車で最寄り駅まで行けばアクセスも簡単だし、階段も登ると満足感あるしで行ってよかった!ちなみにマレーシアは電車が発展してるから、無理にタクシーばっか使わなくても楽に移動できるのです。

お次はモスク!ただ、行った日はお祈りの日だったので中には入れず。ま、ぶっちゃけ一瞬観れればいい。それが旅行であり、自己満足である。笑

じゃんじゃん移動するぜ!今度はチャイナタウン。ここはマジで安い。Tシャツとかが100円くらいで変えちゃう笑。「マハルマハル!(高い高い!)」って言い続けて交渉すると地獄の底まで値段が下がって行くのが面白い。一体いくらぼったくるつもりだったんや笑

とりあえずここでダセー服をネタとして友達に買っておけばお土産OK。

そんなチャイナタウンとは雰囲気がうって変わってヨーロッパ風になるのがムルデカスクエア。ムルデカとは独立という意味で、イギリスの統治から独立した際の広場らしい。そういう話を聞くと、「すげー!ヨーロッパ風綺麗!」なんて素直に言えないのである。言ったけど。

夜は友人のおすすめの夜市!
ブキットビンタンという場所の近くに位置する夜市だったと思う!夜市がおすすめな理由は、とにかく安いことと、現地で食べてるぞ感が出ること。ただ、あんまりローカルなエリアに行き過ぎるとマレー語と中国語しか通じないから、日本人だけだときついかも?

そんなこんなで1日目は終了。

2泊3日の弾丸ツアー(2日目)

朝は楽しみにしていた宿泊先のプールに入る。

見よこの勝ち組の景色。実はAirbnbでホテルを借りてました。ここ、なんと3人で割ってひとり700円程度。最強かよ!(Airbnbについて詳しく書いた記事はこちら

グーグルマップの代わりにこの眺めから、朝ごはんを食べるエリアを決めるために作戦会議。近くのローカル感溢れる場所に行こうということでとりあえず方向だけ決めて出発。

すげえローカル感。笑
結構治安が悪いところらしいので、ややビビりながら歩くざこ日本人3人笑。

とりあえず、このエリアではまともそうなお店を見つけて朝ごはん!朝カレーはきつい。チャーハンも脂っこくてきつい。

お次はKLタワー。ここはタクシーで行った方がいい。マジで。調子に乗って最寄りの駅から歩いたら1時間くらいかかった笑
さらには、途中でスコールにあってびしょびしょになりながらどうにかたどり着いたKLタワーは、登るのに料金がかかるし、すでに疲れ果てていたので写真を撮っただけでお別れ笑

夜はツインタワーへ!噴水ショーとかもあって、マジでリゾート地。普通に都会じゃねーかとツッコミを入れてしまうほど。

ツインタワーが高すぎて、寝そべって取らないと人とタワーを撮れない!笑


体を張る現地の友達と、この日さらに遅れて到着したボランティアメンバーたちが被写体となる図。

こうして2日目には飲み会をして終っていきました。


3日目は朝からマラッカ行きのバスに乗って、世界遺産マラッカへ!

たった500円くらいだった気がする笑
まだまだ続く弾丸ツアーをお楽しみに。

マラッカ編へ続く!


Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください